2019年03月03日

209.日本防衛以外の目的で

韓国という国も、日本と同じようにアメリカと同盟関係にある。では、在韓米軍と、在日米軍は同じか? というと、そこには大きな違いがある。その違いとは;

「在韓米軍はもっぱら韓国防衛を使命としているが、在日米軍は日本防衛以外の目的で日本の基地を使う」

つまり「日米安保条約の目的は、米軍が日本防衛以外の目的で、日本の基地を使うところにある」のであり、その意味で日本は「基地国家」だという。以下、五味洋治著『朝鮮戦争は、なぜ終わないのか』(2017)pp.226-227から。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日米同盟は、基本的には、日本への攻撃を未然に防ぐこと、すなわち抑止を大きな目標としていました。東大教授の久保文明さんはこう表現しています。

「日米同盟においては、日本は、旧条約(1951年)の下でも新条約(1960年)の下でも、日本の施政権下でない限り、アメリカが攻撃された時に、アメリカを支援するために戦うことを条約上義務づけられていない。これは、既に成立していた日本国憲法9条の規定とも関係する。アメリカはこれを受け入れ、きわめて異例な同盟が成立した」(『アメリカにとって同盟とは何か』日本国際問題研究所監修、中央公論新社)。

憲法9条は、2015年の安全保障関連法成立までは、集団的自衛権を行使できないと解釈されており、日米同盟の性格を限定していました。

そのかわりにアメリカは、日本国内の基地を自由に使用する権利を獲得し、その基地を日本防衛だけでなく、「極東の平和と安全」(第一条)のために使用できるとされていました。

最初の旧安保条約は、朝鮮戦争の最中に締結されました。このため、

「朝鮮戦争を戦う米軍がそのまま日本の基地を使用できる状態にしたいと望んだことがその成立の基本的原因」であり、

「アメリカの最も重要な利益は、日本の基地を日本防衛以外の目的で使用する権利を獲得できること」(前掲書)だったのです。

逆に日本は、

「国防としての軍隊を持たず、同盟国の安全保障上の要の位置で基地の役割に徹することで集団安全保障の義務をはたし、これによって安全保障の問題を解消する国家」

つまり「基地国家」として生き残りを図ったともいえるでしょう(『基地国家の誕生』南基正著、ソウル大学出版文化院編)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記によれば、日本は「アメリカの安全保障上の要の位置で基地の役割に徹している」わけである。基地としての役割はそれなりの危険を伴う。基地以上の役割となると、なおさらであろうと思う。
posted by Lily at 10:12 | 政治と憲法