2019年02月10日

206.軍隊は国民の生命や財産を守らない、どころか...

「戦争遂行という至上目的もしくは至高思想が前面に出てくると、むしろ日本人を殺すということが論理的に正しくなるのである」「沖縄戦において県民が軍隊に虐殺されたというのも、よくいわれているようにあれが沖縄における特殊状況だったとどうにもおもえないのである」
[『歴史と視点ー私の雑記帖』(1980)]

上記は歴史小説家・司馬遼太郎さんの言である。司馬さんは戦時中、栃木県佐野の戦車第1連隊に所属していたそうだ。そこで大本営から来た少佐参謀と将校のこんなやりとりを聞く。

「われわれの連隊は、敵が上陸すると同時に南下して敵を水際で撃滅する任務をもっているが、しかし、敵上陸とともに、東京都の避難民が荷車に家財を積んで北上してくるであろうから、当然、街道の交通混雑が予想される。こういう場合、わが八十輛の中戦車は、戦場到着までに立ち往生してしまう。どうすればよいか」
「轢き殺してゆく」
[『歴史の中の日本』(1994)]

要するに、軍隊は国民を守らない。守らないどころか、国民を犠牲にしてでも国家を守ろうとするようだ。

以下、『9条の挑戦』(2018)p.20から。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
軍隊における優秀な指揮官とは、目の前の住民を捨てても、命令に従って行動できる者のことです。感情に流されて、部隊を危険にさらすことは戦争のプロのやることではありません。太平洋戦争中の沖縄戦では、足手まといになるとか食料不足の要因になるとかいう理由で、日本軍が住民を殺害したという説もあります。野戦病院にも民間人は入れてもらえませんでした。このことは戦後も現在も変わることはありません。1977年に米軍戦闘機が横浜の住宅地に墜落し、幼児ら市民9人が死傷した事故でも、自衛隊が救出したのは米軍乗務員だけでした。被害者の救出や被害状況の調査よりも、周辺の人たちを事故現場間で締め出すことが優先されたのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんどでも確認しておこう。

軍隊は国民の生命や財産を守らない。軍隊が守るのは国家である。
posted by Lily at 17:30 | 政治と憲法