2018年09月30日

187.日米関係さもあらん(6)〜孫崎享の『戦後史の正体』より〜

47. 冷戦がはじまると、米国は日本をソ連からの防波堤に使おうとしました。米国の占領初期の政策で一番重要なことは、「日本がふたたび米国の脅威にならないことを確実にする」ことでした。米国は終戦直後、日本に太比して非常にきびしい経済制裁を加えました。日本がふたたび軍事大国にならないように、です。しかし、の「日本経済を低水準にとどめておく」という政策は、1948年に変更されます。それはなにも日本の政治家が米国を説得したからではありません。米国人が急に人道主義にめざめたわけでもありません。米国の世界戦略にこのとき大変化が起きていたのです。つまり、「東アジアでは将来、ソ連とのあいだで戦争が起こるかもしれない。そのときには日本の経済を、少なくとも自給自足できるレベルにまで引きあげておく必要がある」ということです。冷戦下のソ連との戦いのなかで、日本を防波堤として使うという考えが出てきたのです。「米国はその世界戦略のなかで、各国をどのように使うかをつねに考えています。米国の世界戦略が変われば、将棋のコマである日本の役割も大きく変わります」.まさにその通りのことが1948年に起こったのです。米国にとってもっとも重要な世界戦略の目的が、それまでの「日本とドイツを二度と立ち上がれないようにすること」から「ソ連に対抗すること」に変化します。そうなると、将棋のコマとしての日本のあつかいも変わってくるのです。

48. 冷戦とはいったいなんだったのか、そのなかで日本にどういう役割が期待されたかについて、考えてみる必要があります。冷戦の始まりをうけて米国では、国防省長官や元大統領といった人びとが、いっせいに共産主義の脅威に対抗するため、日本の工業力を利用すべきだという方針を打ちだします。占領当初の米国の対日政策は、
「軍事は解体」「経済も解体」「民主化は促進」というものでした。しかし「ソ連への対抗上、日本の経済力・工業力を利用すること」が米国にとっての国益だと判断すると、一気に戦略を一八〇度転換させたのです。そして戦略が変更すると、対日政策も大きく変わります。しかしこの米国本国の急激な路線転換は、それまで日本に君臨してきたマッカーサーの占領政策を完全に否定するものでした。当然、マッカーサーとトルーマン大統領および国防省との対立がはじまります。結局、朝鮮戦争をめぐってその対立は激化し、マッカーサーは解任されることになるのです。

49. 米国が「ソ連への対抗上、日本の経済力・工業力を利用する」方針へ転換したことは、日本の占領政策を大きく変える結果となりました。政策だけでなく、人のあつかいも変わります。戦犯に問われた人も、ソ連との対抗上、必要とされるようになります。戦犯が釈放され、政界に復帰する動きがつづきます。つづいて朝鮮戦争が起こり、米国の対日政策の変化が確定します。米国は日本に経済力をつけさせ、その軍事力も利用しようと考えるようになりました。

50. マッカーサーは連合国最高司令官として日本に君臨しました。彼は日本の軍事力を解体することを目標としていたので、当初、日本の軍事力の復活はまったく考えていませんでした。

51. 冷戦がなければ、そして朝鮮戦争が起きなければ、米軍はかなり早い段階で日本から撤退していたはずだったのです。占領初期の政策は「日本が二度と米国の脅威にならないようにする」、そして「懲罰的な態度でのぞむ」ということでした。しかし冷戦が始まった結果、日本に期待されることは「経済的・政治的安定と軍事能力を強化し、米国の安全保障に貢献する」こととなったのです。こうして米国の対日政策は一八〇度変わりました。それをさらに決定づけたのが朝鮮戦争だったのです。
posted by Lily at 00:00 | 政治と憲法