2018年09月23日

186.日米関係さもあらん(5)〜孫崎享の『戦後史の正体』より〜

41. 占領期から1955年に自民党ができるまでの戦後史は、ゴチャゴチャしていてわかりにくいという声を聞きます。しかし、外務大臣という側面から光をあてると、実にわかりやすいのです。まず1945年8月17日に外務大臣となった重光葵が、9月2日、降伏文書にサインしたあと、2週間後に更迭されます。代わって外務大臣になった吉田茂が1年8カ月、つづいて芦田が1年4カ月、ふたたび吉田が3年半、その子分だった岡崎が2年半、そのあとふたたび重光が2年。これが敗戦から11年間の日本の外務大臣です。きれいに「自主(重光)」「追随(吉田)」「自主(芦田)」「追随(吉田・岡崎)」「自主(重光)」と入れかわっていることがわかります。その間、吉田と芦田はすぐに首相を兼務するようになり、重光も2度目は副総理を兼務しています。ある意味、首相よりも、米国と直接接する外務大臣が重要な時代です。圧倒的に強い「米国からの圧力」を前に、「自主路線」と「追随路線」が激しくせめぎあっていた。それが敗戦後約10年間の日本の歴史です。ただ在任期間を見るとわかるように、吉田茂の追随路線がやはり圧倒しています。

42. 私たちはよく「米国(アメリカ)は」と口にします。しかしこの「米国」はとても複雑です。それが同じ「米国政府」をさしている場合でも、その中で国務省対国防省、国務省対CIAなど、さまざまな勢力の対立があるからです。占領時代もそうでした。ライシャワーが、次のようにのべています。「(当時)GHQの内部には、ふたつの流れがありました。ひとつは情報担当部局〔G2〕で、ここは軍事試行が強いので早くから冷戦的態度をとりました。一方、GHQ民政部門〔GS〕の関心は日本の戦後改革でした」(『日本への自叙伝』)。こうした米国内部の対立に、日本側の勢力がそれぞれ加わります。ひとくちに「対米追随」といっても、いくつかの勢力にわかれるのです。

43. 検察は米国と密接な関係を持っています。とくに特捜部はGHQの管理下でスタートした「隠匿退蔵物資事件捜査部」を前身としています。その任務は、敗戦直後に旧日本軍関係者が隠した「お宝」を摘発し、GHQに差し出すことでした。

44. 米国の情報部門が日本の検察を使ってしかける。これを利用して新聞が特定政治家を叩き、首相を失脚させるというパターンが存在することは、昭電事件からもあきらかです。
@米国の一部の勢力が、日本の首相の政策に不満をもつ
A日本の検察が汚職などの犯罪捜査を、首相本人ないし近辺のものに行う。有罪にならなくてもよい。一時的な政治上の失脚があれば目的が達せられる
Bマスコミがその汚職事件を大々的にとりあげ、政治的、社会的失脚に追いこむ
C次の首相と連携して、失脚させた首相が復活する可能性を消す

45. 特捜部は検察の一部門で、東京・大阪・名古屋にだけ置かれています。政治家の汚職は大型脱税事件、贈収賄事件など、政治的・社会的に影響の大きい事件だけをあつかう特別な組織です。一般的な刑事事件は、警察が捜査・摘発し、検察が起訴しますが、特捜部が手がける事件は、最初から自分たちが捜査・摘発し、起訴する場合が多い。日本のような一審有罪率99.9%の国で、捜査・摘発と起訴を同じ組織が行なうわけですから、特捜部がその気になれば、どんな事件だって作ることができます。

46. 歴史的に特捜部は米国と深い関係をもっています。まず1947年、東京地裁特捜部が占領下でGHQのために働く特捜機関として発足します。敗戦直後は、それまで旧日本軍が貯蔵していた莫大な資材が、さまざまな形で横流しされ、行方不明になっていました。1945年10月にはGHQ自身が、東京の道井信託の地下倉庫からダイヤモンドをなんと16万カラットも接収しています。そうした不当に隠された物質を探しだして、GHQの管理下に置くことを目的に設置された「隠匿退蔵物資事件捜査部」が、東京地検特捜部の前身です。「GHQの管理下に置くことを目的にする」、つまり、GHQのために「お宝」を見つけ出す特別の捜査機関、それが東京地検特捜部の前身だったのです。
posted by Lily at 00:00 | 政治と憲法