2018年07月15日

176.アメリカの「小麦戦略」

憲法問題を掘り下げるにあたり、やはりアメリカという国を知ることが欠かせないと筆者は考えている。憲法のウラにアメリカがいる。いなかったことが一度もない。そうではなかろうか。

アメリカという国は、一言で言えばすごい国である。偉大とも言えるし恐ろしいとも言える。とにかく大きな力を持った国である。戦後のアメリカの「小麦戦略」は、そんなアメリカの一側面だろう。以下、るいネット「日本の食もアメリカに支配されている」から「『アメリカ小麦戦略』(食生活史研究家の鈴木猛夫著)より抜粋」を引用させていただく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■昭和20年代(1945年〜)---アメリカで農産物の過剰生産、過剰在庫
 戦後日本人の食生活が急速に欧米化した裏にはアメリカの存在があった。アメリカは昭和20年代、小麦、大豆等の過剰生産、過剰在庫が深刻化し、その余剰農産物のはけ口として標的にされたのが日本である。

■昭和29年(1954年)---余剰農産物処理法(PL480)成立。
 昭和29年、アメリカは余剰農産物処理法 (PL480)を成立させ、日本に対する農産物輸出作戦に官民挙げて本格的に乗り出した。当時の日本側栄養関係者も欧米流の栄養学、食生活の普及、定着が必要だとしてパン、畜産物、油脂類などの普及を意図した「栄養改善運動」に取り組み、日米共同の食生活改善運動が推進された。

■アメリカ小麦戦略
 活動資金の多くがアメリカ側から提供されたが、そのことは当時も今もタブーとして長く伏されてきた。 これを一般に「アメリカ小麦戦略」という。

■昭和30〜40年代(1955〜1975年)---フライパン運動、学校給食など
 パンの原料である強力小麦は日本では産出できず、日本人がパン食を始めれば永久的に日本はアメリカのお得意になる。戦前まで少なかった油料理を普及させるためにフライパン運動を展開し、油の必要性を強調する栄養指導が熱心に行なわれた。トウモロコシ、大豆は家畜のエサであると同時に油の原料でもある。余剰農産物処理の観点から欠かせない重要な戦略であった。学校給食ではパンとミルクが無償援助され、子供のうちから洋食嗜好の下地を作ることにも成功した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、別のブログ(「管理栄養士圓尾 和紀のカラダヨロコブログ」)にかような記載を見るが、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1945年に戦争が終わると、
状況は一変します。
 
アジアでは戦いが終わったことにより、
兵士たちの食糧が必要なくなりました。
 
一方、ヨーロッパでも農業が復興し、
アメリカに頼らずとも
自国で食糧がまかなえるように回復したのです。
 
これにより、アメリカは困ります。
それまで多額に資金を投資し、
大量の農産物を作って輸出していましたが、
突如それまであった需要がぽっかりと
消滅してしまったのです。
 
このままではアメリカは大量の小麦をはじめとする
農産物の在庫を抱えることになり、
国内の農業に大打撃を与えてしまします。
 
さらに悪いことには、麦は米のように保存性が高くないため、
アメリカにとっては火急の問題でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この問題を解決するのに、日本がひと役買った、あるいは買わされた事実は否めない。アメリカの計画は見事に成功している。つくづく、恐ろしいほど大きな力を持った国である。



posted by Lily at 19:56 | 政治と憲法