2018年01月28日

152.押しつけですとも。民衆から政府への、ね。

安倍首相の憲法観が常識的なそれとは全く違うということを、筆者も長らく気にかけてきた。憲法の定義そのものが違うのだ。一国の首相ともなれば最も憲法尊重擁護義務を負うべき人物である。憲法を変える変えない以前の問題だ。

小沢一郎さん。数日前のツイートでこういうことを言っている(こちら↓)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
安倍総理はまだ「国のかたち、理想の姿を語るのは憲法だ」などということを言っている。周りに法律の専門家はいないのだろうか。憲法は国のかたちや伝統、理想をお花畑的に語るものではない。今のように暴走する権力から国民やその権利を守るためにこそある。もういい加減に憲法を理解してもらいたい。
2018/01/25 16:42
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

誰か首相官邸に行ってレクチャーして来てくれないだろかと思う。が、レクチャーして来なくていい。ご本人が本でも読んで、憲法の本質を勉強してくれたらそれでいい。専門家でもなんでもない筆者だって知っている。現行憲法が何のためにあるかといえば「政府に二度と戦争させないため」だ。「国民の基本的人権を徹底的に守るため」だ。だから、国民から政府に「押しつける」。この意味で「押しつけ」であっていいのである。日本人ではない、アメリカの人だってこう言っている(↓)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
押しつけ憲法だからいけないとは言えません。いい憲法はすべて、政府に対して押しつけられる形で制定されたんですよ。

立憲政府へのステップはすべて、政府に対する下からの突き上げによって成り立ってきました。フランス革命が初めてのフランス共和国憲法を成立させ、アメリカ革命が米国憲法を成立させました。すべての優れた憲法は何らかの形で、通常は民衆が政府に、押しつけてきたんです。

日本国憲法を政府に押しつけたのは、数か月の間だけ続いた、占領軍と日本国人による一種の短期同盟でした。同一の目的をもつ彼らが、政府の権力を制限する憲法を日本政府にのませたんです。だから、その頃から現在に至るまで、政府の人々の立場からすると、押しつけられた、彼らの権限を制限している、と感じるんでしょう。実際、制限しているんですからね。でも、日本や日本国民に押しつけられたのではありません。また、これだけ長続きしているのは、日本の人々が政府に押しつけ続けてきたからです。
(政治学者 C.ダグラス・ラミス 『映画 日本国憲法 読本』p21)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(↑)をみて改めて思った。為政者が「押しつけられた」と感じているのなら、それはその憲法が優れた憲法だということだ。首相が「変えたい」と必死なら、なおさらそうだということだろう。


※引用参考データ:『映画 日本国憲法 読本』(2005)有限会社フォイル、
小沢一郎事務所のツイッター

posted by Lily at 00:00 | 政治と憲法