2017年11月26日

143.反軍国主義のシンボル

終戦当時、日本は世界中から「軍国主義国」だとみなされていました。でも、今ではどうでしょう? おそらく今の日本を軍国主義だという人はいない、どころか日本は「平和国家」としての一定の評価を得ています。軍国主義国日本をここまで変えたものは何だったのか。以下に歴史家ジョン・ダワー氏の言を引かせていただきます(『映画日本国憲法読本』pp.76-77)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
軍人の多くは思い知っているのですよ。戦争は恐ろしいものであり、あってはならないものだと知っているのです。それに加えて、マッカーサーは当時の日本が置かれた状況もよく理解していました。日本政府もやがて理解するようになったわけですが、当時は世界中が日本に罵詈雑言を浴びせていました。日本が始めた戦争がどれほど無茶なものであったか、そして日本が世界からどれほど信頼されていなかったかを忘れてはいけません。

真珠湾攻撃のせいではありません。中国やアジア諸国に対する戦争のせいです。日本はアジアを破壊し尽くしました。戦時中に殺された中国人の数はわかっていません。たぶん数えられるだけでも1500万人は殺されたはずです。中国側はもっと多いと言っています。いまでは誰もインドネシアでの出来事を口にしませんが、インドネシアでも何百万人が殺されました。フィリピンも大きな被害を受けました。そして真珠湾攻撃後は多くのアメリカ兵やアメリカ人捕虜も殺されました。

だから世界中が日本に対して不信感を抱いていたのです。世界中が日本を本質的な軍国主義国だとみなしていました。しかしマッカーサーは「そうした認識をくつがえすことは可能だ」と考えました。日本は軍国主義や侵略、抑圧のシンボルではなく、反軍国主義のシンボルになることができる。それを法制化すればいい。人権の尊重や主権在民を盛り込もう。すべてを一つのパッケージにしてしまおう。そうすれば世界から尊敬を受ける国に生まれ変わることができる――。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実際、マッカーサー氏が考えていたような「世界から尊敬を受ける国」に、わが国日本がたどり着くことができたのかどうか。そこは定かではありませんが、少なくとも改憲論議に際しては、マッカーサー氏のいう「法制化」が果たしてきた役割を踏まえておく必要があるのではないでしょうか。


引用・参考文献:
『映画日本国憲法読本』(2013第2刷)有限会社フォイル
posted by Lily at 16:25 | 政治と憲法