2017年08月27日

130.信頼は憲法によって

日本は「平和の国」「戦争しない国」というイメージが定着しています。このイメージは、日本が世界の人々に好かれる大きな理由のひとつにもなっています。そしてそのことが、戦後の日本を強力に守ってきたともいえるでしょう。

しかし終戦当時の日本は世界中から嫌われていましたし、信頼されてもいませんでした。日本は軍国主義の国。日本は侵略国家でアジアの敵。(日本もアジアのひとつでありながらです。)すべては日本が始めた戦争のせいでした。では、そんな嫌われものがなぜここまで好意をもたれる国なりえたのか。そして、平和国家としてのゆるぎないブランドを築き上げることができたのか。その答えは憲法にあります。

「もう二度と戦争をしない」、いや正確にいうと「政府にもう二度と戦争させない」と憲法に明文化したからこそ、日本は今のように信頼され好かれる国なったのです。重ねていいますが、「戦争しない国」という良いイメージが、戦後の日本(日本国憲法制定後の日本)を守ってきました。だから、この側面に目を向けずに憲法改定を考えるのは、極めて危険なことだと思うのです。以下、アメリカの歴史学者ジョン・ダワー氏の言です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当時は世界中が日本に罵詈雑言を浴びせていました。日本が始めた戦争がどれほど無茶なものであったか、そして日本が世界からどれほど信頼されていなかったかを忘れてはいけません。

真珠湾攻撃のせいではありません。中国やアジア諸国に対する戦争のせいです。日本はアジアを破壊し尽くしました。戦時中に殺された中国人の数が分かっていません。たぶん数えられるだけでも1500万人は殺されたはずです。中国側はもっと多いと言っています。いまでは誰もインドネシアでのできごとを口にしませんが、インドネシアでも何百万人が殺されました。フィリピンでは大きな被害を受けました。そして真珠湾攻撃後は多くのアメリカ兵やアメリカ人捕虜も殺されました。

だから世界中が日本に対して不信感を抱いていたのです。世界中が日本を本質的な軍国主義国だとみなしていました。しかしマッカーサーは「そうした認識をくつがえすことは可能だ」と考えました。日本は軍国主義や侵略、抑圧のシンボルではなく、反軍国主義のシンボルになることができる。それを法制化すればいい。人権の尊重や主権在民も盛り込もう。全てを一つのパッケージにしてしまおう。そうすれば世界から尊敬を受ける国に生まれ変わることができるーー。

ドイツのナチやほか侵略国家のような侵略者のモデルになるのではなく、将来の道標のモデルになればいい。ゼロから出直して、戦争のない世界という最高の理想を体現すればいい。そうすれば信頼を回復し、占領を終わらせ、世界国家の一員に復帰することができる。アメリカ側の意向の裏には、そうした複雑な思考があったわけです。

(『「映画日本国憲法」読本』p.76-78)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、1950年に朝鮮戦争が勃発すると、アメリカ側は「日本非武装化の方針は好ましくない。再度、武装してアメリカとともに戦ってほしい」(同書p.92)と考えるようになったのですが。

※引用参考データ:『「映画 日本国憲法」読本』(2005)有限会社フォイル


posted by Lily at 18:49 | 政治と憲法