2017年04月30日

113.組織犯罪処罰法改正案(テロ等準備罪)は憲法違反?

「テロ等準備罪」とか「共謀罪法案」とか言われていますが、この法案の正式名称は「組織犯罪処罰法改正案」です。この法案を、憲法違反だと言う人たちがいます。実際のところはどうなのでしょうか。詳しく見ていきたいと思います。

「テロ等準備罪」は、現行憲法のどの条文に違反する可能性があるのでしょうか。学識者の見識によると、13条、19条、そして31条です。

まず第13条ですが、ここでは「幸福追求の権利は最大の尊重を必要する」とされており、この幸福追求の権利はプライバシー権をも含む、とされています。テロ準備罪が成立すれば、テロ準備の証拠として私たちの電話やメールが傍受される可能性があります。電話やメールの通信傍受なしに犯罪の立証が難しいからです。だから、プライバシー権が侵害され、幸福追求権が侵されかねないという点において、憲法第13条違反の可能性があるいうわけです。

次に第19条ですが、これは「内心の自由」を保障する条文です。私たちには心の中で何かを考えたり想像したりする自由があります。国家は国民の心の中にまで踏み込んではならないのです。「テロ等準備罪」は、犯罪を犯す前の、人の内心を処罰対象にしようとする法案ですから、人の心の自由を保障している憲法第19条違反の可能性があるというわけです。

最後に憲法第31条ですが、ここでは、何をやらかしたら処罰されるのかを法律で明示するよう定めています。しかしテロ等準備罪では、何をもって準備行為とみなされるのか、はっきりしていません。つまり処罰対象となる行為が不明確なのであって、この点で、憲法第31違反というわけです。

さらに、どうしても指摘しておきたいことが。それは、この「テロ等準備罪」が処罰の対象とする277の犯罪の中に、「テロ等準備罪」が入っていないということです。多くの犯罪を準備の段階で取り締まる、という考え方自体はわからるのですが、その多くの犯罪が「テロ準備 "以外の" 犯罪」 というあたりが不思議で仕方がありません。「テロ等準備罪」の別名を持つ「組織犯罪処罰法改正案」ですが、本当の目的は他にあるのではないか? といぶかしく思わずにはいられません。


※参考データ:4/23東京新聞 「内心」「表現」の自由 侵害
「共謀罪」違憲性の指摘
posted by Lily at 13:20 | 政治と憲法