2017年03月26日

108.憲法制定の目的(2)

 今度は自民党改憲草案の「前文」を見てみましょう。下線部分が憲法制定の目的です。

 日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴く国家であって、国民主権の下、立法、行政及び司法の三権分立に基づいて統治される。
 我が国は、先の大戦による荒廃や幾多の大災害を乗り越えて発展し、今や国際社会において重要な地位を占めており、平和主義の下、諸外国との友好関係を増進し、世界の平和と繁栄に貢献する。
 日本国民は、国と郷土を誇りと気概を持って自ら守り、基本的人権を尊重するとともに、和を尊び、家族や社会全体が互いに助け合って国家を形成する。
 我々は、自由と規律を重んじ、美しい国土と自然環境を守りつつ、教育や科学技術を振興し、活力ある経済活動を通じて国を成長させる。
 日本国民は、良き伝統と我々の国家を末永く子孫に継承するため、ここに、この憲法を制定する。

 はい。こちらに政府の戦争責任を明らかにする文言は見当たりません。そして憲法制定の目的もかなり違っているようです。「政府の行為によって再び戦争が起らないように」ではないんですね。自民党改憲草案の場合、憲法制定の目的は「国家を末永く子孫に継承するため」なんですね。なるほどなるほど。
 この「前文」は5つの段落からなっていますから、順番に詳しく見ていきましょう。

 まず1つめの「日本国は」で始まる段落と2つめの「我が国は」で始まる段落は、日本がどんな国であるかを説明しています。特に2番めの段落は、日本がどんなにすごい国であるか、ということが書かれているんですね。なんだかお国自慢みたいですね。
 そうして3番めの段落になってようやく「日本国民」が出て来ました。ここでちょっとびっくりしません? だって、私たち日本国民は「自ら」「国と郷土を守る」んですよ。それも「誇りと気概を持って」守るのです。そして、この段落の主語と術語を結ぶと「日本国民は、国家を形成する」となることにも注意を払いたいところでして、要するに、日本国民の存在理由は国家を形成することにあり。と、明言されていることになりませんか?
 さて4つめの段落は「我々は」で始まっています。はじめて一人称が出てくるんですね。英語でいうと"We"ですが、ではここで質問。「我々」って誰なんでしょう? よ〜く考えてみてください。なぜってよ〜く考えなくちゃならない、意味深な「我々」ですから。そしてこの「我々」は「国を成長させる」とのことで、要するにこれは事実上の命令文とみていいでしょう。
 そして最後の段落に憲法制定の目的が書かれています。憲法制定の目的は「日本国民は、良き伝統と我々の国家を末永く子孫に継承するため」で、この目的のために「ここに、この憲法を制定する」のですね。なるほど、自民党改憲草案の場合、憲法制定の目的は「日本国民が国家を継承していくこと」なんですね。

 はい。というわけで、お国自慢 〜 国民の役割 〜 意味深な「我々」〜〜 とつづられてきた自民党改憲草案の前文は、「日本国民は国家継承のために存在する」ことを暗に確認した上で結ばれているようです。いかがでしょう? あなたはこの自民党改憲草案の前文に流れる姿勢をどう受け止めますか?


posted by Lily at 00:00 | 政治と憲法