2017年02月26日

104.太平洋戦争へ(13)

今さら言っても仕方ないとわかっていても、
もしもあの段階で「ポツダム宣言」を受け入れていたら!
と思わずにはいられません。
もしもそれで「広島」「長崎」を避けられたのたとしたら。


日本軍は自分たちが中国でやったこと、
つまり虐殺と強姦を、
今度は自分たちが米兵にやられると
思い込んでいました。
だから米兵に捕まるぐらいだったら
自決しろと民間人を指導しました。
それによってたくさんの民間人が
集団自決しました。

本土ではその頃から
米軍による空襲が始まっていました。
東京大空襲では8万3000人が死に、
100万人の人が家を失いました。
その空襲に対して軍部が住民に指導したのは
竹槍による応戦でした。

慢性的な食糧不足で、
配給も底をつくようになりました。
政府の標語は「ぜいたくは敵だ」から
「欲しがりません勝つまでは」。

そしていよいよドイツ降伏。
この時点で世界を相手に戦っている国は
日本ただ一国となり、2月には
ルーズベルト、チャーチル、スターリンによる
「ヤルタ会談」が開かれていて、
ソ連の対日参戦が決まっていました。

そうとは知らない日本は、
沖縄戦の圧倒的惨敗を見て、
天皇がようやく「最高戦争指導会議」を開き、
ソ連を仲介とした終戦工作を開始します。
当然ソ連はこれを無視。その後、
トルーマン、チャーチル、スターリンが
ポツダムで会談し、
日本に対する即時無条件降伏要求が決定。
「ポツダム宣言」が出されます。

この時点で日本が、ポツダム宣言を受諾していれば、
その後の原爆投下は避けられたであろうという見方がある。
リリーもそう考えます。


※引用参考データ:『爆笑問題の戦争論』(2006)幻冬舎
posted by Lily at 00:00 | 政治と憲法