2017年01月29日

100.太平洋戦争へ(9)

例えばバンザイクリフで万歳をしたり
ピースサインをしたりして
写真を撮る人たちがいます。でも、
ここで起こった悲惨な出来事を知っていたら
彼らは同じことをするでしょうか?
「正しい歴史認識」なくしては
歴史から学ぶことはできません。
ご参考までに書き添えますと、
バンザイクリフに関しては、
元陸軍大尉・田中徳祐という方の著者、
『我ら降伏せず サイパン玉砕の狂気と真実』
が有名です。
では先に参りましよう。

その後、
「台湾沖にいた米空母機動部隊を全滅させた」
という海軍のウソの報告を信じた大本営は、
無謀なレイテ戦に突入しますが相次いで敗退。
米軍は、大砲も戦車も自動小銃も
豊富に備えていましたが、
日本軍には戦車も少なく、
度重なる特攻によって飛行機も使い果たし、
小銃と手榴弾のみでしたから
かなうわけがありませんでした。
この戦いでの日本軍の戦死者は21万8,000人。
そして1945年3月、
米軍はいよいよ硫黄島にやってきます。
硫黄島はサイパンと東京の中間地点にあり、
米軍にとって、占領すれば日本への空襲がしやすい、
という場所でした。
日本は最初から既に玉砕覚悟で、戦う目的は、
できるだけ戦って時間をかせぎ、
本土決戦の準備を助けるためでした。

※引用参考データ:2015/6/3産経ニュース
「集団自決跡地で不謹慎な振る舞い…
バンザイクリフで万歳するか?」、
『爆笑問題の戦争論』(2006)幻冬舎
posted by Lily at 16:48 | 政治と憲法