2016年12月25日

95.今年の終わりに

日本国憲法の前文はこう始まります。

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

下線を引いたのはリリーです。
この「政府の行為によつて
再び戦争の惨禍が起ることのないやうにする」
という文言が、自民党改憲草案から
すっかり消えてなくなっていることを
リリーはたいへん重く見ています。
この部分は、先の戦争を「政府の行為が」起こしたことを
はっきり認めている部分です。
当時の政府の責任を認める言葉が憲法から消えるのは
きわめて由々しきことではないでしょうか。

リリーはこう考えるのです。
日本国憲法を正しく理解するためには
なぜあんな戦争が起こってしまったのかを
正しく理解する必要がある、と。
天皇陛下が平成27年元旦に言及されましたけど
満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学ぶことは
とてもとても大切なことだと思っています。
そしてこの理由から、今、このブログでは
国が起こした戦争の概略をつかもうとしています。
大きな転換期となった一年もそろそろ終わり。
これからも書き続けて参ります。

※参考データ:『戦争をしない国 明仁メッセージ』小学館(2015)
posted by Lily at 10:07 | 政治と憲法