2016年11月27日

91.太平洋戦争へ(2)

歴史にもしもはありませんが、もしもあの時、
日米交渉継続派の近衛内閣が存続していたら?

前回に引き続き、
太平洋戦争(1941~1945)に至った経緯を
つかむべく『爆笑問題の戦争論』より。

アメリカの石油の禁輸によって
大打撃を受けることになった日本。
海軍の中間層では
石油があるうちに開戦すべきだとの意見が
強くなっていきましたが、そんな中、
近衛はルーズベルト大統領と直接交渉しようと
メッセージを送ります。
しかし、アメリカはその時、既に
対日参戦を決めていましたから、
近衛のしたことは無駄でした。
その後、御前会議で
「帝国国策要綱」が決定されます。
これは、4ヶ月で東南アジア一帯を占領し、
海軍が真珠湾を攻撃する、という計画でした。
近衛はこの時点でも
あくまで日米交渉を主張しますが、
解決の見込みはなく、近衛内閣は総辞職。
代わって東条英機が首相になります。
その後、3度目の御前会議で、
対米英戦争を決意。
武力発動は12月と決定します。
その一方で対米交渉は続け、
そこでは妥協案として
「仏印以外には進出しないから
米英は石油などの資源の獲得を保証せよ」
という提案をします。
しかしこの案では
中国からの日本軍の撤退を要求するアメリカとの妥協は
ありえませんでした。
しかもアメリカは当時
日本の暗号解読に成功しており、
御前会議の決定も筒抜けでした。
アメリカは、日本が妥協案を出しているその裏で、
対米戦争の準備を着々と進めていることを
全部知っていたのです。
つまり、アメリカが日本との交渉には
応じるわけはなかったのです。

※引用参考データ:
『爆笑問題の戦争論』(2006)幻冬舎
posted by Lily at 10:01 | 政治と憲法