2016年10月30日

87.第二次世界大戦へ

日本にとって味方だったはずのドイツが、
日本の敵であるソ連と
「不可侵条約」を結んでしまった。
ノモンハン事件でソ連と戦っていた日本が
「複雑怪奇」と称したのも頷けますが
でも考えてもみましょうよ。
当の日本だって「不拡大方針」を決めておきながら
ソ連との戦闘を激化させたのです。
言ってることとやってることが違うのは
当時の日本にしても同じことだったと思います。
これもあの「関東軍」が暴走したせいですよね。
軍の暴走がどれほど国民にふこうをもたらしたことか、
ここはじゅうぶん歴史に学んでしかるべきでしょう。

歴史を先に進めますね。
日本がこんな風に混乱しているうちに
ドイツはポーランドに侵攻し、
英仏が対独宣戦布告。
とうとう第二次世界大戦が始まってしまいます。
日本はソ連と戦っている。
その上ドイツは味方してくれない。
このまま戦争に参加することになっては大変だ、
と、平沼内閣の後を継いだ阿部内閣は、
ノモンハン事件を慌て停戦。
大戦への不介入と日中戦争の解決を宣言します。

しかし当時のアメリカは
日米通商航海条約の破棄を通告してくる。
日本軍は華北から英仏駐屯軍を撤廃させる。
英仏米との対立は激化していて、
いったい誰と仲良くし誰と対立したいのか、
わからなくなってしまったような状況でした。
阿部内閣はわずか4ヶ月半で退陣することになります。

※引用参考データ:
『爆笑問題の戦争論』(2006)幻冬舎
posted by Lily at 20:26 | 政治と憲法