2016年09月25日

82.南京事件

南京事件、いわゆる「南京大虐殺」とは、
「日本軍が中国軍の捕虜、敗残兵および
一般市民に対して行った虐殺事件」です。
この「南京事件」には諸説あり、また
著書も数多く出ております。
「南京大虐殺」は『大辞林(第三版)』によれば、

1937年12月から翌年1月にかけて,
南京を占領した日本軍が
中国人に対して行なった、
大規模な暴行略奪虐殺事件。

「1937年12月から翌年1月にかけて」
とあるように、
南京事件は、一度きりではなく
複数回に渡り起こった「事件」です。

被虐殺者の数については、
さまざまな説がありますね。
中国政府の発表では43万人、
日本国内では
十数万から20万人説、
4〜5万人説、
1万人前後とする説、はては
事件そのものの虚構説まで。

※参考データ:『爆笑問題の戦争論』(2006)幻冬舎、
南京事件−日中戦争 小さな資料集
(ゆうのページ yu's page)

posted by Lily at 14:28 | 政治と憲法